年間100棟以上の解体工事実績を誇る、解体知識豊富なプロ集団 ヨネス産商が運営しております!お気軽にご相談ください。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

無料相談・お問い合わせ

0120-473-315

過去の補助金申請事例

【相談無料】どんなことでもお気軽にお問い合わせください!0120-473-315

解体補助金について

住宅解体のメリット&デメリット

市町村別補助金情報

申請事例

お客様の声アンケート

新着情報

ブログ

選ばれる理由

空き家・危険家屋解体/補助金申請代行-解体補助金ドットコム

〒454-0862
名古屋市中川区的場町3-61

  • 運営会社情報
  • プライバシーポリシー
  • アクセス

過去の補助金申請事例

過去の補助金申請事例

Case.01 空き家解体

Case.02 危険家屋解体

Case.03 ブロック塀除去解体

Case.01 空き家解体

このような家屋・住宅・建物は
ありませんか?

・別の住宅に住み替えた後、売却や賃貸をする
 つもりがないまま放置している住宅がある。
・一年間居住が無く、電気や水道の使用もない。
・親から相続したままの物件。
・別荘として購入したが、使っていない。

このような空家物件の場合、解体しようと思うと
例)平均的な30坪程度の木造住宅の場合、100万円~120万円。
例)60坪近くの木造住宅の場合、200万以上かかる場合もあります。

解体補助金ドットコムが担当した空家の場合、最大で解体工事に必要な費用の2/1を補助金として受け取る事が出来ました!

「知らなかった!」「うちの空家はどうなんだろう?」そんな方!

解体工事の補助金・空家に関するご相談は、解体補助金.comにお気軽にご相談ください!

フリーダイヤル:0120-473-315

Case.02 危険家屋解体

このような家屋・住宅・建物は
ありませんか?

・空家になってから手入れをしていない。
・屋根瓦や外壁にヒビが入り、倒壊の危険性。
・地域の景観を損なって来ている。
・【特定空屋】に指定されてしまった。

平成26年に公布された“空家対策特別措置法”により空家が【特定空家】に指定されてしまうと、
●今まで軽減されていた固定資産税の支払いが6倍に。
●場合によっては強制的に解体工事をされ、かかった費用はお客様負担、
 支払いができない場合は財産を差し押さえられる場合もあります。

解体補助金ドットコムが請け負った危険家屋解体では補助金が認められ、最大で解体工事に必要な費用の2/1を補助金として受け取る事が出来ました!

「知らなかった!」「うちの空家はどうなんだろう?」そんな方!

解体工事の補助金・空家に関するご相談は、解体補助金.comにお気軽にご相談ください!

フリーダイヤル:0120-473-315

Case.03 ブロック塀除去解体

このようなブロック塀は
ありませんか?

・ひび割れや傾きがある。
・古く、ぐらつく感じがある。
・駐車しにくい場所にあり、解体したい。
・スペース確保の為に、撤去したい。

このようなブロック塀を解体しようと思うと、
例)1㎡あたり2000円~5000円高さや厚み、環境によって変わります)
例)平均15万円~70万円 程かかります。

解体補助金ドットコムで請け負ったブロック塀は、補助金申請が認められ最大で解体工事に必要な費用の2/1を補助金として受け取る事が出来ました!

「知らなかった!」「うちのブロック塀はどうなんだろう?」そんな方!

解体工事の補助金・空家に関するご相談は、解体補助金.comにお気軽にご相談ください!

フリーダイヤル:0120-473-315

Copyright © 2016 解体補助金ドットコム All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.