年間100棟以上の解体工事実績を誇る、解体知識豊富なプロ集団 ヨネス産商が運営しております!お気軽にご相談ください。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

無料相談・お問い合わせ

0120-473-315

解体メリット・デメリット

【相談無料】どんなことでもお気軽にお問い合わせください!0120-473-315

解体補助金について

住宅解体のメリット&デメリット

市町村別補助金情報

申請事例

お客様の声アンケート

新着情報

ブログ

選ばれる理由

空き家・危険家屋解体/補助金申請代行-解体補助金ドットコム

〒454-0862
名古屋市中川区的場町3-61

  • 運営会社情報
  • プライバシーポリシー
  • アクセス

解体メリット・デメリット

空き家や危険家屋等を解体する際のメリットとデメリットとは?

空き家等の築年数の経った住宅は加速的に老朽化が進みます。
そのような状態で雨風にさらされそのまま放置することで大風などによって倒壊の危険性も高まります。それは周辺住民の方々にとって大変な迷惑と心配をかける結果となります。
それでは、空き家や危険家屋を解体して更地にする際のメリットとデメリットを確認していきましょう!

空き家・危険家屋を解体するメリット

メリット1危険を事前に防ぐ!

空き家等の築年数の経った住宅は加速的に老朽化が進みます。
そのような状態で雨風にさらされそのまま放置することで台風などによって倒壊の危険性も高まります。それは周辺住民の方々にとって大変な迷惑と心配をかける結果となります。

これまでにそのような危険家屋の所有者が損が賠償請求を起こされた事案もあります。このような空き家や危険家屋は前もって解体しておくことで様々な危険を事前に防ぐことが出来るわけです。

メリット2売却がしやすくなる!

空き家や危険家屋を放置したまま『古屋付の土地物件』として売りに出すより更地で売り出す方が買い手にとっては好都合です。ですから当然早く、高く売却しやすくなるわけです。

メリット3管理する手間がなくなる!

空き家や危険家屋を解体することによって、それまでにかかっていた手間や費用がなくなります。所有者にとってこの問題が最大のメリットなのではないでしょうか?
空き家の所有者は定期的にメンテナンスや掃除等管理が必要です。それを怠ることで、近隣の方々からのクレームによってお役所から勧告や命令、ひどいケースは罰金や行政代執行が行われることもあり得ます。

空き家・危険家屋を解体するデメリット

デメリット1税金が高くなる!

空き家や危険家屋を解体して更地にすることによって、その土地は住宅用の土地ではなくなるので、税金が高くなります。
住宅等の不動産物件には固定資産税と都市計画税という税金がかかります。住宅用の家屋が建っている土地の場合は、土地にかかる固定資産税最大で6/1、都市計画税は3/1に軽減されるので、かなり税金が高くなることが分かります。

デメリット2解体費用がかかる!

空き家や危険家屋を解体するには当然費用がかかります。かかる費用に関しては、解体業者によっても違いますし、立地条件や構造等によっても大きく違ってきます。

平均的な30坪程度の木造住宅の場合で100万円~120万円と言ったところでしょうか…。

解体するデメリットは、お金に関わることばかり…。ちょっと待ってください!まだ諦めるのは早いです!解体工事に自治体から補助金がもらえる方法があるんです!

こんなに詳しいのにはワケがある!

解体補助金ドットコムは、
名古屋で年間100棟以上の解体工事実績を誇る、
ヨネス産商が運営しています!
他社には負けない365日受付の迅速丁寧なサービス、
女性スタッフによるきめ細やかな対応を致します!
ヨネス産商について、詳しくはこちら!

ヨネス産商

お問い合わせはこちら

Copyright © 2016 解体補助金ドットコム All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.